花粉症に。眠くならないクラリチン

花粉症・抗ヒスタミン剤 情報

花粉症に。眠くならないクラリチン

春になると花粉症の方にとってはツライ時期が続きます。
この時期になると、病院に行って薬を処方してもらう方も多いのではないでしょうか。
しかし、花粉症の薬といえば副作用の眠気がありますよね。
花粉症が収まるのはいいけれど、眠くて眠くて仕事にならない・・・あるいは勉強に身が入らない・・・とお困りの方も多いと思います。
そんな方には眠気の無い「クラリチン」がオススメです。
いままでの花粉症の薬といえば、「眠気の副作用」が強すぎて、仕事や勉強に集中できないという声が圧倒的に大かったように思います。
でも、クラリチンは眠くならないのが売りです。
取扱説明書の副作用覧に「眠気」という文字が記載されていないのですから、全く眠気とは無縁のおクスリなのです。
これは嬉しい情報です。

花粉症の悩みを解消してくれる効果が高いクラリチンの成分はロラタジンを配合しています。
花粉症やアレルギー発症に関与しているヒスタミンには血管拡張作用があります。
この作用によってアレルギー症がおこり、「くしゃみ、鼻水」なが発生してしまいます。
この悩みを解消してくれるのが「ロラタジン」という成分なのです。
ヒスタミンの受容体をブロックして、アレルギー症状を止める効果があるのです。
ですからこの薬剤は花粉症だけではなく、アレルギー性鼻炎やジンマシンの患者さんにも投与されています。

アレルギーのメカニズムとは簡単に言うと、アレルギーのもとになる物質、アレルゲンが体内に侵入すると体内で異物に対する抗体(免疫ブログリンIgE)を産生するわけです。(この抗体で異物を撃退しようとする。)
つまり、花粉が異物として体内に侵入すると、アレルギーの原因物質とみなして、花粉に対する抗体を作って攻撃する準備を整えるというわけです。
この抗体ができるまでに出る症状がアレルギー反応なのです。
花粉症の諸症状はこれに属します。

つらい花粉症対策には、眠くならない「クラリチン」がおすすめです。

花粉症・抗ヒスタミン剤 情報新着情報